近畿亜鉛栄養治療研究会に出席

2月の初旬、第10回近畿亜鉛栄養治療研究会に参加しました。亜鉛は人体に2gしか存在しない微量金属ですが、300種ほどある酵素に関係しており、なくてはならない重要な微量金属といわれています。この研究会には既に3回ほど参加させて頂いております。そのたびに医療研究者、生物研究者の方々が、亜鉛の必要性や働きそして亜鉛不足の解消法などについて本当に熱心に研究されていることを感じます。

今回の研究会では、「老年者における亜鉛供給の重要性」や「介護・療養型病棟においての亜鉛補充療法による褥瘡(床ずれ)の改善」等の発表があり活発な質疑応答がなされました。日本人の血清亜鉛濃度の基準値は84μg/dL159μg/dLとされていますが、個人差はあれやはり低値を示す人は褥瘡になりやすいようです。褥瘡は亜鉛不足だけが原因ではなく皮膚への物理的刺激や化学的刺激などで発症することもありますが、血液中の亜鉛濃度を上げることにより皮膚の修復能力が高まり改善されるといわれています。

皮膚全体に含まれる亜鉛含量は僅か15mgです。しかしこの僅かな亜鉛が皮膚細胞の再生に寄与し、不足する場合は「皮膚炎」「脱毛症」「皮膚掻痒症」などを引き起こすといわれているのです。

 健康美肌を応援する「イオンベール」は、酸化亜鉛を水溶化して皮膚から直接、亜鉛イオンを届け、皮膚の再生能力を向上させターンオーバーを整えていきます。乾燥肌や敏感肌の人は、まずお肌の亜鉛不足を疑い「イオンベール入浴料化粧品」や「イオンベール化粧水」で体の外側から亜鉛を補い本来の健康美肌を取り戻して下さい。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

24節句では、今年は16日が寒の入りで一年中で最も寒い時期の前半ですね。この時期はお肌にとっては、寒さだけでなく、もっとも空気が乾燥しているため、お肌の水分が失われやすくなり、乾燥肌になりやすい時期です。今日はその乾燥肌対策をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お肌の乾燥は

お肌の表面にある角質層の乱れや角質層が壊れることと、皮脂とよばれる脂質が欠乏することによって起きてきます。

お肌は皮脂と水で作られている薄い層(脂質層)で覆われており、しなやかさとみずみずしさを保っています。この表面の脂質層が壊れると肌は乾燥し、乾燥肌や荒れ性肌などになります。いいかえると、脂質と水からできあがっている脂質層が表面にきちんと存在している肌が、若々しく健康な肌ということです。そのためには、皮膚表面に水分と脂質が常に必要とされます。

冬の時期のお肌は

冬の時期の空気は乾燥しており肌の水分が失われやすくなります。湿度が50%以下になると肌は乾燥しやすく、脂質が充分でない状態では肌はかさかさし、きめが粗い肌荒れの状態になってきます。寒さがきびしくなると、皮脂腺の機能の低下がみられます。そのため、皮膚が乾燥して肌荒れを起こしやすくなります。

皮膚血管の血流が増えると肌からの水の蒸発は非常に進みます。暖房された環境や、部分的に比較的高温に長時間さらされると水分が蒸発して肌の乾燥をもたらします。このように、強い暖房や赤外線は血流を増やし、肌の水分の蒸発を進めますので注意が必要です。

乾燥肌対策は

脂質は毛穴の内部の皮脂腺から毛などに沿って皮膚表面に分泌されています。そして、汗腺からは水と同時に天然保湿成分(NMF)が分泌され保湿を担っています。従って①皮膚の表面にある水分の乾燥を防ぐ角質層を整えること②皮脂を取り過ぎないことが、荒れ性や乾燥肌を防ぐポイントです。

角質層を整えるためには、バランスの良い食事をとり、適度な睡眠と適度な運動を行い皮膚の細胞が生まれ変わるターンオーバーを整えることが大切です。特に日本人が不足しがちな不飽和脂肪酸(DHAやEPA等)、ミネラル(鉄、亜鉛など)を意識した食事をとることをお勧めします。厚生労働省の発表によりますと、DHAや亜鉛などは日本人の50%以上の人が目標量(DHA・EPAは1000㎎、亜鉛は10㎎)が摂れておりません。

皮脂を取りすぎないためには皮脂を除去する性質の強い石鹸、シャンプーなどの使用は必要最小限にすることが必要です。また洗浄後に油性成分を含む化粧品などで油分を補うことをお勧めします。

イオンベール

皮膚細胞の新生に必要で不足しがちなミネラルである酸化亜鉛をイオン化して、お肌に取り込みやすくした化粧品です。気になるところに3週間から4週間ほど使用されると、お肌の変化がわかってきます。是非お試しください。

味覚障害と亜鉛について

イオンベールⓇ入浴料化粧品、イオンベールⓇ化粧水は発売して5年になります。 イオンベールⓇは身体の多くの場で細胞再生に必要不可欠な亜鉛に注目し開発されました。最近子供の味覚異常がニュースになりましたが、味覚異常は舌にある味蕾細胞の正常活動に必要な亜鉛不足が重要な原因と言われております。今日はそのニュースをお知らせし、バランスの良い食事を行うことの重要性は健康美肌のためだけでなく、味覚にも影響することをご紹介します。 TBS11月9日放映された「駆け込みドクター」で口の中の病気がテーマになっておりました。その中で味覚障害が取り上げられていました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 味覚障害になると味を薄く感じ、塩分や糖分を摂りすぎてしまい、 その結果、高血圧や糖尿病など生活習慣病になる恐れもある。 味覚障害はある栄養素の不足でも起こる。その栄養素とは亜鉛。 舌には味を感じるセンサー・味蕾があり、味蕾が作られる時、 必要不可欠な栄養素が亜鉛。 亜鉛が不足すると味蕾の数が少なくなり、味覚障害を起こす。 味覚障害は最近若い人に増えてきており、原因は様々だが、 その一つにインスタント食品などの食べ過ぎがある。 食品添加物に含まれる成分が味のセンサーに必要な亜鉛を 奪い取ってしまうのだ。 亜鉛を増やすためには、亜鉛を多く含む食材を摂ることが必要。 ダントツに多いのはカキで、約5個で1日の推奨摂取量(約10mg)。 チーズなら約300g必要になる。 【亜鉛を多く含む食材】 カキ、チーズ、牛肉、レバー、煮干、ごま、卵黄、抹茶、カニ、たらこ、コンビーフ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 番組では出演されていたメンバーの血液検査などもされており味覚障害者には血中の亜鉛濃度が低いことを指摘されておりました。確かに血中の亜鉛濃度が低いと亜鉛不足による症状が出やすいことは間違いないと言えますが、血中濃度が高くても、外的ストレス(味覚生涯の場合は、食品添加物など)が亜鉛を奪い取ってしまい結果的に味蕾の生成がコントロールされない状態が発生するようです。 亜鉛欠乏はお肌への影響だけでなく人生を楽しむ中で大変重要な要素である食事の楽しみも奪ってしまうのです。食べ物の偏りや食品添加物の多い加工食品などは控えめにして、できるだけ自然の食材を多く摂るようにしましょう。それが食事も楽しみ、お肌も健康美肌になる秘訣だと思います。

イオンベールⓇ化粧品で愛犬の健康美毛

イオンベールⓇ入浴料化粧品、イオンベールⓇ化粧水は発売して5年になります。その間に多くのご愛用者からお喜びの体験報告が寄せられております。今日はその中でも愛犬にご使用されたお客様の喜びの声をご紹介します。

お名前:MS様 ご年齢:45歳 女性

6か月前から使用しています。季節の変わり目に出ていた頬や顔のかゆみが消え、濃いしみも薄くなり、特に大きめのシミの塊が浮き出して取れてしまったのに驚きました。
12歳のダックスの愛犬にシャンプーした後スプレーしたところふけが出なくなり,また外耳炎のため清拭の際にコットンにイオンベール化粧水をつけたところきれいになっていると獣医さんに言われました。これからも使っていきたいと思っています。

お名前:NI様 ご年齢:51歳 女性

シャンプーのあと犬を犬用の洗いおけに入れてイオンベール入浴剤入りの残り湯をたっぷり背中からかけて洗ってみました。黒のトイプードル(8歳メス)はトリミングの後必ず「フケが多いです」注意されていましたが一回の洗いでふけが出なくなりました。また毛が薄くなったマルチーズ(12歳メス)は真っ白でふわふわの発毛で犬の散歩仲間からまた「新しい犬を飼ったの」と言われました。

動物も人と同じく、食べ物の偏りやストレス、物理的・化学的刺激により、皮膚が乾燥したり、毛根細胞が活性化せず抜け毛が多くなったりするのですね。動物は全身が毛で覆われているので、肌の状態が毛並みの状態をみるとわかるようです。そのような愛犬がいらっしゃる方は是非ともイオンベールⓇ入浴料化粧品をお試し下さい。
イオンベールⓇ化粧品で愛犬の健康美毛も取り戻しましょう。

体験報告

イオンベールⓇ入浴料化粧品、イオンベールⓇ化粧水は発売して5年になります。その間に多くのご愛用者からお喜びの体験報告が寄せられております。今日はその一部をご紹介します。

お名前:FT様 ご年齢:35歳 女性

乾燥肌で体全体とかかとが肌荒れし、体全体にかゆみがありましたが、入浴料を入れて毎日入浴したところ、4週後には肌荒れはすっかり消え、かゆみには即効性があり、2週後ほとんど気にならなくなりました。

お名前:TS様 ご年齢:61歳 女性

毎日入浴したところ、4週後には足裏の魚の目状で硬いものや、足の甲の座りだこがほとんど消え、人工繊維による背中の強いかぶれとかゆみがすべて消えました。

お名前:TN様 ご年齢:57歳 女性

体全体、手の平、足の裏とかかとの強い荒れとかゆみが毎日入浴したところ4週後には半減しました。体全体にすべすべ感が出て、髪の櫛通りが良くなりました。

お名前:JN様 ご年齢:46歳 女性

荒れとかゆみ(背中と内腿、肘、膝、顔)粉ふきが消えました。かゆみは薄くなりましたが、就寝後温まるとすこしかゆくなります。

お名前:TK様 ご年齢:63歳 男性

人工透析中ですが4週間後荒れ(尻)かゆみ(背中)が消えました。2日以上入浴しないともとにもどるような気がします。

お名前:HI様 ご年齢:55歳 女性

荒れ(かかと、すね)かゆみ(すねと首の後ろ)は4週後にきえました。舅はかゆみの訴えが減り、加齢臭も少なくなった感じがしました。

お名前:YO様 ご年齢:62歳 女性

荒れ(かかと)かゆみ(背中)が消えました。夫は靴下、トランクスのゴム負けのかゆみが消えましたが4週間の試用期間終了後再発しました。

乾燥肌や敏感肌で痒みの症状がある方には、特にはっきりと効果が出ているようです。布団に入ると痒くなり、知らず知らずにかきむしってしまい、かきむしり傷までできてしまうような方にも十分症状の緩和が期待されます。そのような方は是非ともイオンベールⓇ入浴料化粧品をお試し下さい。2日に1回の使用でも1ヶ月ほどで実感が出てくるものと思います。
イオンベールⓇ化粧品で全身の健康美肌を取り戻しましょう。

モニターテスト結果

イオンベールⓇ入浴料化粧品のモニターテストを実施しましたのでお知らせいたします。モニターテストを進めた私たちもびっくりするほどの効果が出ました。健康美肌になるためにはお肌に十分な亜鉛イオンが必要だったのです。

100名様によるモニターテスト*1
乾燥肌由来の肌トラブルに対して多くの方が効果を実感されました。
《VAS法*2による著効・有効・改善・無効の4段階評価で有効以上の成績》

乾燥肌     : 81%
かゆみ     : 77%
かかとの荒れ  : 53%

*1: 28日間最低3日に1回入浴料を入れて入浴、1週ごとに肌状況を記入して頂きました。
*2: VAS法(Visual Analog Scale) 痛みと同様に肌トラブルは個人の主観的な感覚ですので、その程度を一定の長さの尺度で指し示してもらう方法です。このテストでは最も強い症状を20cm、症状がなくなった場合0cmとして、その間を1cm間隔でそれぞれの症状の程度を記入して頂きました。
イオンベールⓇ入浴料化粧品は、軟膏などに限られていた酸化亜鉛を、水溶性組成物として開発したことにより軟膏以外の適用・応用範囲を広げることができ、新規特許技術に基づいて製造された製品です。
このように、入浴料として老若男女を問わずQOL(生活の質)の向上に大きく寄与でき、定期的に反復使用できるために、全身スキンケアなどに有用です。
お風呂に入るだけで亜鉛不足によって起きやすい乾燥肌由来の肌トラブルなどが改善でき、健康美肌になるって簡単で素敵ですね。皆様も是非お試し下さい!!

 

testresult  (モニターテスト用紙)

イオンベールⓇについて

 

イオンベールⓇ化粧品はブログを始めました。イオンベールⓇ化粧品の使命であります
「皆様の健康美肌を追求する」を色々な機会を捉えて提案していきます。
今回は初回ということで、イオンベールⓇ化粧品をご紹介します。

イオンベールⓇ
水にも油にも極めて溶けにくい酸化亜鉛を、
新規特許技術(特許第5564648号)によって
高い濃度で水に溶解させ、
肌機能にとって不可欠な微量金属元素(ミネラル)の亜鉛イオンを
肌に効率良く届ける
スプレー式「イオンベールⓇ化粧水」

ionveil1200ml
液体「イオンベールⓇ入浴料化粧品」があります。

ionveil220ml入/包

イオンベールⓇ は
これまでの市販されてきた美白化粧品と異なり、
「亜鉛イオン」が肌細胞の再生能力を活性化して、
様々な皮膚のトラブルを修復し、
皮膚の健康(健康美肌)を維持します。

 

 

1 2 3 4 5